お得なFX業者選び-Fxbrink-

大手から人気銃上昇中のFX業者選びのコツやノウハウをお教えします。 - カードローンとFXの申込みの流れ

新着情報

◆2014/09/22
カードローンとFXの申込みの流れの情報を更新しました。
◆2014/09/22
本人確認書類を送ると同時に収入証明書の情報を更新しました。
◆2014/09/22
FXの場合も資料請求をして申し込みができるの情報を更新しました。
◆2014/09/22
第一次審査が終わった段階で本人確認書類の情報を更新しました。
◆2014/09/22
FAXか郵送でFX会社に書類を送るの情報を更新しました。

カードローンとFXの申込みの流れ

最近色々なところで、カードローンに関する広告を目撃します。カードローンというのは、ご存じの通りカードを用いて借り入れをするものになります。
話を聞くと、クレジットカードに比べると色々とメリットがある商品なのだそうです。ですので皆様の中には、カードローンの申し込みを検討している方々思いらっしゃるかもしれません。
カードローンではもちろんカードが発行される事になります。その際にはもちろん審査が発生します。その審査で合格でしたらカードが発行されます。
そしてFXでももちろん審査が発生します。ですのでこの点でまずカードローンとFXという商品は、似ている一面があります。そもそもどちらもお金を取り扱うという点でも似ているかなと思います。もっともカードローンの場合はお金を借りる事になりますので、目的は全く異なりますが。
ところで「どちらも審査が発生するからには、どちらも申し込みの流れは非常に似ているのではないか」というイメージを描いた方もいらっしゃるかもしれません。確かに両者の申し込みには似た一面もあります。実際どちらでもインターネットを通じて申し込みなどができますので、そういう意味では確かに似ていると思います。
ただ私は色々調べてみた限り、どうもカードローンの場合は審査がなかなか厳重になっている等と相違点もあるようです。
以下においてどのような違いや共通点などがあるのか、そもそもの口座開設などにおいての流れはどうなのかを色々と説明したいと思います。

シュミレーションはしっかり行いましょう


どちらでも審査は発生しますが、一つ決定的な差があります。というのもカードローンにおいては、事前の審査シュミレーションができるパターンがあるのです。カードローンの会社で本番の審査を実行する前に、一度シミュレーションを用いて審査を実行する事もできるのです。
では試しに、あるカードローンの会社でそのシュミレーションのボタンをクリックしてみましょう。するとポップアップが出てきます。まあポップアップが出てきますので、ポップアップをブロックする機能は外しておく必要があると思います。
するといくつ入力をするべき項目が出てきます。具体的には生年月日や現在の職業や年収や他社からの借り入れなどを入力する事になります。
それでは試しに私の色々な情報を入力してみます。全てを入力し、ページの一番下にあるボタンをクリックしてみます。すると、たぶん大丈夫なのではないかなというニュアンスの結果が出てきました。

見通しはFXにシミュレーション


これはあくまでもシミュレーションですので、実際に本番でも審査に通るか否かはわかりません。ただある程度はこれで見通しがつくというサービスです。
このようなシミュレーションが、たいていのクレジット会社では設置されています。ですがFXにはそれはありません。
つまりFXでもカードローンではどちらでも審査が発生するのですが、シミュレーションがあるか否かという点では異なっているのではないでしょうか。
もっともこれは現時点での話です。今後状況が色々変われば、FXでもそのようなシミュレーションが設置されるかもしれません。少なくとも現時点ではFXにシミュレーションはありません。